九州大学医学部外科学第二講座
第63回 刀圭会
平成21年1月24日(土)in 三鷹ホール
 
刀圭会プログラムについてはこちら>>
 
平成21年1月24日(土曜日)、 福岡第一ビル7階 三鷹ホールにて第63回刀圭会が開催されました。
今回のテーマは「災害・救急医療における外科医の役割」と題して、
地下鉄サリン事件において第一線でその救急活動を行われた慶應義塾大学救急医学准教授の
堀 進吾先生と日本ではまだ新しい概念であり、これから重要と思われる外傷外科医について、
大阪市立大学救急生体管理医学教授の溝端康光先生をお招きして非常に意味深く有意義なご講演を賜りました。
その後に、懇親会が盛大に行われ、関連病院からも同門の医師が多数集まり、盛会に終わりました。