矢永勝彦先輩が慈恵医科大学外科学講座教授へ!
 
教室御出身の矢永勝彦先輩(昭和54年入局)が、長崎大学医学部移植・消化器外科(第二外科)講師より慈恵医科大学外科学講座教授へ、4月1日付けで御就任されることとなりました。
矢永勝彦先輩は、教室で研鑽を積まれ、赴任先で全国区の御活躍の後、教授就任となりました。慈恵医科大学外科学講座は外科学の名門の教室であり、九大二外科の名を全国に高からしめる教室の誉れであります。

矢永勝彦先輩の教授就任祝賀会が前原喜彦教授の主宰で平成15年3月20日行なわれました。九州大学医学部百年講堂で、杉町圭蔵名誉教授、池田恵一名誉教授、水田祥代小児外科教授、北野正剛大分医科大学第一外科教授、橋爪 誠災害救急医学教授をはじめとして、160人余の同門が集い盛大に執り行われました。矢永勝彦先輩のスピーチはたいへん感動的でした。
矢永勝彦先輩の教授としての益々の御活躍とご教室のご発展を祈念しております。(文責 医局長)
 
 
矢永先輩御夫妻と水田祥代小児外科教授、前原喜彦教授