後期研修プログラムについて
 

消化器・総合外科(第二外科)科における後期研修について

  1. 診療科目
    消化管(上部・下部)、肝臓・胆道・膵臓、肝移植、脾臓・門脈圧亢進症、呼吸器、血管、乳腺、一般外科

  2. 取得可能な認定医・専門医
    • 全員が取得できるもの:外科専門医、医学博士
      外科専門医認定試験の受験資格は、修練開始後満5年以上で、手術手技を350例以上(術者として120例以上)経験するのが条件です。また、消化管および腹部内臓(50例)、乳腺(10例)、呼吸器(10例)、心臓・大血管(10例)、末梢血管(10例)、頭頚部・体表・内分泌外科(10例)、小児外科(10例)、各臓器の外傷(10例)、鏡視下手術(10例)と外科の各分野の一定症例数の経験が必要です。第二外科および関連施設では、消化器外科のみならず、呼吸器・血管外科・救急診療などの各分野の症例数も豊富であり、修練中にこれら各分野の症例をもれなく経験できます。

    • 希望者が取得できるもの:消化器外科専門医、呼吸器外科専門医、心臓血管外科専門医、乳腺専門医、消化器病学会専門医、消化器内視鏡学会専門医、肝臓学会専門医、癌治療基盤専門医(抗癌剤治療)、救急専門医など
      消化器、呼吸器、心臓・血管、小児の専門医取得のためには、
      1) 修練期間は、更に2年以上(卒後7年)必要
      2) 外科専門医または予備試験合格者であること
      3) 認定施設での修練が3〜5年必要
      4) 一定の業績(論文、学会発表、学会出席)
      の条件が必要です。第二外科および関連施設には、各分野の症例数が豊富な認定施設が多数あり、上記各分野の専門医取得が可能です。専門医取得後、一定の年限と業績(学会発表・論文)があれば指導医になることができます。

  3. 後期研修システム
    • 臨床研究コース:
      一年目に第二外科の病棟で専門を問わず外科全般の症例を経験した後、二年目から専門分野を決定し、研究を行います。現在、消化管、乳腺、肝胆膵、脾・門脈、呼吸器、血管、移植グループがあり、それぞれ、各分野の学会では日本の指導的立場にあります。また、基礎系の大学院とも交流しており、基礎の最先端の研究施設でも学べます。卒業後は、外科専門医制度修練施設または外科の各分野の専門医認定施設でトレーニングを行い、外科専門医の取得、更に、各分野の専門医取得を目指します。外科専門医取得には大学院在学も含め5、6年の修練が必要で、各分野の専門医取得のためには認定施設で2〜4年の修練(大学院在学も含めると、7〜10年)が必要になります。この間に、研究または臨床研修目的の海外留学も可能です。

    • 臨床コース:
      大学病院と関連施設に派遣勤務しながら、外科専門医取得に必要な症例を研修します。関連病院の多くは研修病院や外科の各分野の専門医認定施設であるので、研修医の指導を担当しつつ、自身の知識・技術を磨く幅広い臨床経験を積むことができます。3〜5年の修練で外科専門医認定試験の受験資格を得ることができますが、各専門分野の専門医取得を希望する場合は、学会発表や論文など一定の業績が必要となりますので、第二外科において医員、研究生などの立場で各専門分野の研究を行った後(2〜3年)、各分野の認定施設で更に2〜4年の修練を行うことになります。また、このコースの中途で、臨床研究コースへの変更(大学院入学)も可能です。

    • 外科専門医制度修練施設である関連施設
      九州がんセンター消化器外科・乳腺科・呼吸器部、九州中央病院外科、九州医療センター消化器乳腺一般外科・呼吸器センター外科・血管外科、済生会福岡総合病院外科、福岡歯科大学医科歯科総合病院外科学分野、福岡市民病院外科、福岡東医療センター外科、福岡病院外科、仲原病院外科、宗像医師会病院外科、貝塚病院外科、古賀中央病院、八木病院、福岡記念病院、けご病院、済生会八幡総合病院外科消化器科・腎センター、新日鐵八幡記念病院外科、北九州市立医療センター呼吸器外科、新中間病院外科、麻生飯塚病院外科、筑豊病院外科、大分医療センター外科、大分県立病院外科、別府医療センター外科、南海病院外科、日田中央病院、中津市民病院外科、済生会唐津病院外科、佐賀県立病院好生館外科、西有田共立病院外科、岩国中央病院、広島赤十字病院外科、防府市消化器病センター、松山赤十字病院外科、錦病院(このうち、消化器外科学会専門医認定18施設・専門医73名、呼吸器外科専門医認定16施設・専門医22名、心臓血管専門医認定7施設・専門医9名が、一般外科のみならず各分野の指導にあたります)

  4. 後期研修指導医
    責任者:前原喜彦教授
    実務者:矢野篤次郎准教授、掛地吉弘准教授、調憲診療准教授、森田勝講師、武冨紹信講師


    各学会認定施設


  5. 連絡先
    住所等: 
    電話:
    FAX:
    E-mail:
    担当者:
    福岡市東区馬出3-1-1
    092-642-5464
    092-642-5482
    yosizumi@surg2.med.kyushu-u.ac.jp
    吉住 朋晴(医局長)

第二外科後期研修プログラム:臨床研究コース(大学院)
 
第二外科後期研修プログラム:臨床コース