呼吸器研究グループ
 
呼吸器外科研究グループは、気管支・肺、縦隔、胸壁の外科的疾患を対象とした臨床・教育・研究を行っています。
新しい治療の開発のため、現在以下のテーマについて精力的に臨床研究を進めています。
 
1) 非小細胞肺がんの進展における上皮間葉系転換機構の関与
肺がんが発生した後、がん細胞は浸潤・転移に関する悪性形質を次第に獲得していきます。この過程における上皮間葉系転換機構の関与を解明し、新しい治療薬の開発を目指していきます。
 
2) 非喫煙者に発生する肺がんの特性
非喫煙者の非小細胞肺がんは近年増加し、2000年代の手術症例の約30%は非喫煙者です(図1)。非喫煙者の非小細胞肺がんは、喫煙関連の'通常の'肺癌とは臨床病理学的特徴が異なり、今後臨床研究や治療の面で区別して扱われるべきであることが示唆されています(図2)。
現在、非喫煙者の非小細胞肺がんの特性および病因を分子生物学的に解明中です。
 
 
3) 悪性胸部腫瘍(肺がん、胸膜中皮腫)に対する免疫遺伝子治療の開発
進行肺がんに対する治療成績はいまだ不良であり、新しい治療法の開発が望まれます。一方で、社会問題になっているアスベスト曝露による悪性胸膜中皮腫の発生は今後爆発的な増加が予想され、たとえ早期に発見されても治癒可能な標準治療が確立されておらず、早急に新たな治療法の開発が望まれる所です。
そのような状況の中で、今後もっとも期待される治療法は遺伝子治療であることより平成20年度より新たに遺伝子治療の開発に着手いたしました。
>>ページトップへ戻る