外科分子治療学講座 Department of Surgery & Molecular Targeted Therapy
 
スタッフ紹介へ
 
外科分子治療学講座は、従来からの手術に分子生物学的手法および分子情報を有機的に取り入れた新しい外科治療体系を確立し、さらに、それを治療の最適化(個別化)に活用することを目的とし、基礎・臨床のトランスレーショナル研究を行うために新設された寄附講座です。

当研究室では以下の研究を行なっています。
 
1. 分子情報に基づいた個別化至適術後補助治療の開発
  手術により得られた腫瘍組織を用いて化学療法に関わる要素(抗癌剤感受性、分子標的遺伝子の発現修飾因子(genetic, epigenetic)、遺伝子変異・多型など)を調べます。その結果に基づいて、個々の症例に最適な抗癌剤および分子標的治療薬を投与し、その治療効果を判定します。さらに、予後予測が可能なバイオマーカーを決めていきます。
   
2. がん分子病態学講座との共同研究
  乳癌治療において術前に乳癌組織の各種ホルモン感受性を解析し、それに基づいて治療法の選択が行われています。消化器癌においても術前に生検組織を用いてがんの増殖 ・ 浸潤 ・ 転移に関与する遺伝子発現あるいは遺伝伝子変異を解析し、単独あるいは複数の予後因子および薬剤感受性因子を決定し、その結果に応じた外科治療法の至適選択による個別化治療をめざしています。
>>ページトップへ戻る