Button 0Button 1Button 2Button 3Button 4Button 5Button 6Button 7Button 8

脾・門脈研究グループ

本邦においては、食道胃静脈瘤の治療は、直達手術・シャント手術などの外科手術、内視鏡的治療、IVRを用いた治療などの進歩により、肝硬変症の死因の3分の1を占めていた、静脈瘤からの出血死がほとんどなくなりました。これは、当科をはじめとする本邦の肝臓病医の研究や診療の努力による偉大な成果と誇ることができます。
さらに、我々は、何故肝硬変症では門脈圧亢進症が起こるのかという、根本的なメカニズムの解明を行うことにより、患者様にもっと優しい治療ができるのではないかと考えております。

門脈圧亢進症の原因である肝内血管抵抗増大が、肝の星細胞や類洞内皮細胞におけるRho kinaseやPI3K/Aktシグナルを介した肝内微小循環障害によることが近年明らかになっています。肝星細胞や類洞内皮細胞におけるRho kinase、PI3K/Aktの制御をはじめとした分子標的治療法の開発により、肝硬変症における門亢症の新しい治療戦略となることが期待されています。

 

赤星 朋比古

赤星 朋比古
外科手術から内視鏡・IVR治療とさまざまな手技を駆使して治療にあたっていますが、基礎的な研究により肝硬変症自体が改善するような薬物治療や遺伝子治療が開発されれば、患者様にとってもっと優しい治療ができるのではないかと考えております。


小西 晃造

小西 晃造
次世代低侵襲治療学助手。安全で患者さんにやさしい医療を実現するために、 最先端の工学技術と医学の融合を目指した「コンピュータ外科学」関連の研究に従事しています。現在は主に、「手術ナビゲーションシステム」や、 「消化器癌に対するMRI誘導音響化学療法」や「カプセル内視鏡型ロボット」の研究開発を進めています。また、内視鏡外科手術トレーニングセンターでは、インストラクターを務め、日夜 内視鏡外科手術の技術向上に励んでいます。
金城 直

金城 直
食道胃静脈瘤を根本から治療するべく、肝硬変症における肝線維化のメカニズムの解明を行っており、肝硬変を元から治したいと考えています。また、門脈圧亢進症の原因の一つである門脈血栓症の成因についても研究しています。
上原 英雄

上原 英雄
肝硬変症における血管新生に関する細胞内情報伝達機構を明らかにし、肝内の微小循環障害を改善と門脈圧亢進症を元から治療する研究を行っております。また、門脈圧亢進症におけるマイクロバブル等を用いた新しいドラッグデリバリーシステムの開発を行っています。
それらにより門亢症の治療が将来可能になると信じております。
橋本 直隆

橋本 直隆
肝硬変患者における脾臓の免疫系の変化を解明する研究を行っており、当科で施行している腹腔鏡下脾臓摘出を組み合わせて、より有効な治療に発展させる事ができるのではと考えております。また、如何にして門脈圧亢進状態・肝内微小循環障害を改善させるか日々考え研究をすすめております。
長尾 吉泰

長尾 吉泰
肝線維化のメカニズムおよび、肝硬変症例に対する脾摘が肝予備能の改善をもたらすメカニズムを解明すると共に、その臨床応用について検討する研究を行っています。肝硬変の治療に少しでも貢献できるよう、日々努力しています。

Copyright (C) 2005 Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University. All Rights Reserved.