乳腺研究グループ
近年乳癌の治療法は大きく変遷してきました。これも乳癌の生物学的特性に対する考え方の変化や理解の深まりによるところが大きいとされています。病気のことをよりよく理解することが、よりよい治療法につながることはいうまでもありません。

乳腺グループでは、従来より、臨床へのフィードバックを目的に、乳癌における予後因子やDNA修復活性の異常や癌抑制遺伝子の異常と臨床病理学的因子との関連について研究を進めてきました。

現在、乳癌のさらなる治療成績向上のために、
  1. 化学療法、ホルモン療法感受性因子の同定と包括的な評価法の開発、それに基づいた奏効度とQOLの高い化学療法の確立
  2. 新たな治療標的の探索(分子標的治療の開発)
  3. 遺伝子発現のエピジュネティックな変化を応用した乳癌の薬物治療感受性モジュレーション
  4. 乳癌の化学予防
といったテーマに関して研究を進めています。









 ※九州大学臨床研究倫理審査委員会の承認を受けた研究について


徳永 えり子


徳永 えり子
"患者のbenefitsを第一に考えた治療法の確立"を目標に、乳癌の発癌のメカニズムや予後因子、薬物療法効果関連因子について、分子生物学的手法を用いた研究を行っています。特にPI3K/Aktシグナルの活性化とホルモン治療・化学療法抵抗性との関連に注目し、治療効果予測因子の解明、新たな治療標的の検索に力を入れています。全国の先生方との共同研究も進行中です。
秋吉 清百合

秋吉 清百合
乳癌をはじめとする乳腺疾患について、基礎的研究を行っています。乳癌の発癌や転移・再発のメカニズムの解明、さらには新たな治療法の開発について基礎実験を行い、臨床に応用できることを目指して頑張っております。
山下 奈真

山下 奈真
治療標的の同定が急務とされるtriple negative乳癌の浸潤能およびDNA修復機能障害の両面からアプローチし、臨床へのフィードバックを目標に研究を行って参ります。

Copyright (C) 2005 Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University. All Rights Reserved.