消化管研究グループ
 
消化管グループでは、癌の発育・進展の分子機構の解明を目標とした研究を行なっています。特に消化器の発癌に関わるDNA修復機構や、癌の浸潤・転移に関わる血管新生因子、さらに接着分子などを中心に研究を進めてきました。最近では癌における染色体構造異常が生じるメカニズムについても新たに研究を進めています。
また、癌治療の研究として、肝転移、腹膜播種に対する積極的な併用療法や遺伝子診断を利用した効果的な治療法の開発も行なっています。
 
 

 ※九州大学臨床研究倫理審査委員会の承認を受けた研究について

 
鴻江 俊治

鴻江 俊治
低位(肛門近く)の直腸癌に対して究極の肛門温存手術(ISR)を行なった後の術後排便機能について調査・研究を行なっています。また、新しいタイプの癌治療薬である分子標的薬を使用する際に、それぞれの患者さんに最も適した投与方法を決めるための研究を行なっています。
辻谷 俊一

辻谷 俊一
消化器がんにおける遺伝子変異から生じる細胞増殖と細胞死、血管新生のメカニズムと、がんの発生、進展、再発との関係を調べるとともに、そのようなメカニズムが抗がん剤の臨床効果や薬剤耐性、あるいは患者の免疫能へ与える影響を研究してきました。がんでは細胞増殖や血管新生が促進し、細胞死抑制されるとともに、抗がん剤耐性を誘導し、免疫を回避するシステムが構築されます。そのメカニズムを克服するような、より効果的な抗がん剤治療、免疫治療を開発し、それを臨床試験で証明することを目指しています。
池田 哲夫


池田 哲夫
食道・胃・大腸・直腸癌の鏡視下切除後の吻合法と機能温存の研究、完全腹腔鏡下肝切除の低侵襲性の評価に関する研究を行っています。
掛地 吉弘

掛地 吉弘
〈胃〉
胃癌の転移について、遺伝子変異や血管新生・リンパ管新生の面から機序を解明し、治療への応用を試みています。
〈食道〉
食道癌における浸潤転移に関与する遺伝子異常の研究や、抗癌剤、放射線治療の効果発現に関与する因子の検討を行っています。化学放射線による術前治療の効果予測因子を解明し、それに基づく個別化医療の確立に向けた研究を行っています。
〈大腸〉
個々の症例で異なる代謝酵素の多寡による薬剤耐性の違いをもとに副作用が少なく治療効果の高い化学療法の確立に努力しています。
〈先端医工学〉
最先端の工学技術を医療に取り入れて、患者さんに優しい最良の治療を目指しています。3次元画像を利用した手術シュミレーション、ナビゲーション、ロボット手術を含めたコンピュータ外科を進めています。
大賀 丈史

大賀 丈史
食道癌の発癌機序と抗癌剤の感受性を決定する分子をin vitroで解析し、臨床標本での研究に展開していく研究を進めています。
沖 英次

沖 英次
消化器の発癌や、抗癌剤の感受性に関わる遺伝子異常について研究を行ってきました。研究結果は、単に研究室の中だけの出来事となっては無意味です。常に新しい検査や治療ストラテジーを構築することを念頭に置いてリサーチを続けています。
佐伯 浩司

佐伯 浩司
食道、胃、大腸などの消化管癌の研究に従事しています。癌の遺伝子異常に基づいた発癌メカニズムに関する基礎研究、より効果的で安全な癌治療の開発に関する臨床研究などを通して、これからの癌診療の治療成績向上に少しでも寄与できるよう努力していきます。
安藤 幸滋

安藤 幸滋
2年間の千葉県がんセンター研究局での国内留学を終え、本年度より、消化管グループの一員となりました。千葉県がんセンターでは主にがん抑制遺伝子と細胞のエネルギー産生に重要であるミトコンドリアについて研究をしてまいりました。がんは未知なことが多すぎて、大変な細胞です。しかし、一歩一歩研究を進めることでこれをどう克服できるかきっと手がかりがつかめると思います。それを目指して、頑張っていきたいと思います。
 神代 竜一

神代 竜一
平成20年度入局の神代です。昨年度より消化管グループ、先端医工学診療部にてお世話になっています。研究を通して疾患に対する多角的な視野を養い、臨床へフィードバックできる医師を目指して一生懸命頑張ります。
中西 良太

中西 良太
化学療法・放射線療法に伴うDNA損傷と、その多様な修復機構について研究しています。治療に対する感受性や耐性のメカニズムを明らかにし、がん治療法の発展に貢献できる研究を目指します。
脇 啓一郎

脇 啓一郎
食道癌の浸潤転移に関するメカニズム、抗癌剤の感受性を規定する因子について研究しています。研究成果を臨床の場に生かせるよう頑張ってまいります。
久松 雄一

久松 雄一
消化器癌における原発巣および転移巣への腫瘍の血管形成について、骨髄由来細胞に注目して研究します。患者様の治療にこの研究を役立たせることができるよう努力いたします。
大津 甫

大津 甫
細胞周期のチェックポイント機構にかかわるタンパクについて、他因子との関連性や化学療法の標的となりうるかについての研究とともに、腸上皮幹細胞の研究を行っています。臨床に繋げていけるよう、日々努力していきます。よろしくお願いします。
河野 浩幸

河野 浩幸
消化器・乳腺外科領域にて癌に関わる研究をしています。これまで7年間臨床のみしてきましたが、研究によって臨床での疑問を解決でき、さらに自分自身の視野も広がるのでは、と期待しています。どうぞ宜しくお願いします。


Copyright (C) 2005 Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University. All Rights Reserved.